2005年11月23日

H1-B申請

勤務先の大学のGeneral Counsel(法務担当責任者)さんがあたしのH1-Bの申請に必要な大学側の書類を揃えてくれると言うので、手続きをお願いしたあたしの弁護士さんの連絡先を教えてから2週間。
うちの弁護士と連絡取れましたか?書類大丈夫でしょうか?と催促の意味を思いっきり込めたメールを送ったら、
「ちょうど今朝あなたの弁護士さんと話したところで、今書類集めてますよ。」との返事。

あたしが(催促の)メール送るまで何もしてなかったんちゃうんかいダッシュ(走り出すさま)
と心では思いつつ、この程度のことでイライラしていてはアメリカでは生きていけないのでとりあえず動いてくれていればよしということで。

それにしても、H1-Bの大学院(修士)卒の追加枠もどんどん少なくなってるのに、General Counselさんがトロトロしてたおかげで間に合わなくて、OPTが切れた後働けなかったらどうしてくれるんだ(借金返せなくなるぢゃないかぁふらふら)、と心配になったのでうちの弁護士に大丈夫でしょうか(まだ間に合いますか)?と問い合わせてみました。
すると数日して、General Counselさんが(やっと)送ってくれた書類が届いたらしく、それを確認した弁護士によると、うちの勤務先の大学はNon-Profit(非営利)なのでH1-Bの発行数枠に全然関係なく申請できるとのこと。
それを聞いてホッと一安心。
その後あたしの勤務先からの書類とあたしが出した書類とで弁護士さんが申請書類を作ってくれて、もう一度それをあたしの勤務先に送って担当者のサインをもらって、それが送り返されてくれば正式に郵送申請。
さて、うちの大学の担当者がサインして弁護士のところに送ってくるまでに果たして何日かかるでしょう(-_-) (←思いっきり皮肉)
ま、もう急がなくていいのがわかったのでのんびり構えて待つことにしますいい気分(温泉)

弁護士さんによると、最近同じH1-Bをプレミアムじゃなくて通常申請したのにたった2週間で返事が来たというケースがあったらしいです。
でも、たとえ2週間で返事が来てもH1-Bの正式な発行は半年くらい先になるみたいなので、あたしのアメリカ軟禁状態は続きます。今度のお正月もまた帰れません・・・もうやだ〜(悲しい顔)
人気ブログランキングへ
【翼をください−就労ビザ・永住権の最新記事】
この記事へのコメント
はじめまして。ビザは何かと大変ですね。私もビザで5年間、アメリカ軟禁状態になったことがあります。E-1のapprovalの状態で国外に出られなかったので、日本に久々帰った時は飛行機の中で泣けてきそうでした。学業を含めていろいろ大変でしょうが、頑張ってください!

Posted by けんた at 2005年11月28日 14:15
お久しぶりです。H1Bのことを見て、書き込みしようかと思いました。

今現在のプレミアム申請じゃないものは、結構時間かかりますよ。Change Of Statusの人は、それでプレミアム申請をする人が多いんです。それまでの期間は勿論国外に出られませんし、Approval Noticeが出た後、国外に出るときには、ビザを取らなきゃいけませんので(パスポートのスタンプ)、長く帰れるとき&前もって大使館のアポを取ってからにした方が良いですよ。弁護士さんが言ってくれてるとは思いますが、大事なことを言ってくれない人も多いので念のため。

でもお正月に帰れないのは淋しいですよね。
Posted by rascaloosa at 2005年11月28日 14:27
>けんたさん
はじめまして。うえるかむ♪
5年も軟禁状態だったんですか!!!
あたしは豪雪地帯の修士時代に2年帰らなかったことがあるんですが(これは自分の意思で)、その後日本に帰ったら小人の国に見えたり、電車の切符の買い方がわからなかったりたいへんでした・・・

>rascaloosaさん
お久しぶりです!プレミアム申請の1000ドルが出せないので、時間かかってもしょーがないです(T_T)
今度帰るときは、前もって大使館のアポですね( ..)φメモメモ ありがとうございます!
Posted by EL at 2005年11月30日 02:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
 
Web phd.seesaa.net
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。