2005年08月22日

うれしハズカシ初出勤

一週間の引越し&買い物地獄を堪能(?)しておりました。
まだ山のような(文字通り)ダンボールに囲まれています。
家具も車も全部処分して新たに生活を一から始めるだなんてするもんぢゃないです。
もう二度と引越しはしたくありません(と引越しの度に強く心に誓うのに・・・)

引越しの話はまたそのうち、ということで、うれしハズカシ初出勤でした。

何日の何時にどこに出勤せよという正式なお達しはなく、日にちだけは何となくわかってたので前日に他の先生に電話で聞いて、大学までの道順も聞いて、ドキドキの初出勤。
と思ったら、見事に道に迷ってチコクしてしまいましたあせあせ(飛び散る汗)
いや、職場(大学)に行くのは面接以来なもんで、教えてもらった道順でハイウェイの出口まではちゃんと行けたのに、大学の近くまで行ってからが記憶が曖昧で見事に職場を通過してしまいました。
でも、ちこくだぁー!とあせっていたら、駐車場で次々と他の先生たちが車の列を成してやってきてホッと一安心。
面接に来たときからここの人たちはみんなのんびりしてると思ってたけど、やっぱり(^_^;)
ちなみに心配していた通勤時間はハイウェイをぶっとばしてたったの15分。
新居を街中にして大正解!通勤ラッシュと見事に反対方向でスイスイ車(セダン)でした。

初出勤とは言っても、Faculty Convocationということで、年度始めの顔合わせと学長さんやらのお話を聞いておしまい。
知らない人がいっぱいで緊張しました。
色んな人に紹介してもらいましたが、誰一人として名前が覚えられませんたらーっ(汗)(←英語の名前が苦手な人)

その後はオフィスのセッティング。
プログラムのセクレタリーさんに鍵をもらって前の住人が立ち退いたばかりのそのオフィスを開けてみると、部屋の真ん中に重石のような机がドーンと一つあるだけ。
セクレタリーさんが一週間前に見たときには本棚も椅子もあったそうですが、そんなものはどこにもありゃーしません。
はぁ〜、新居も何にもないところから始めたのに、このオフィスもまた一からぜ〜んぶ揃えなきゃならないのね・・・
とりあえず、備品であまってるのがあればそれをあてがわれるようですが、ないものは新しく買ってくれるそうな。
椅子は新しいのを自分で気に入ったのを買ってくれば後で払い戻ししてくれるということになりました。
しかし、この机というのが本当に重石みたいにどっしり部屋のど真ん中に鎮座していらっしゃって、いくらあたしが子どもの頃から箱詰めキャベツをトラックに積んだりして鍛えられていてもそんな力ではビクともしてくださりません。
セクレタリーさんを通してメンテナンスさんのヘルプを頼んで、そのほか電話やパソコンの設置も頼んで、後は手持ち無沙汰なあたし。

それなのにいつまでたってもオフィスの中はど真ん中に重石机だけ。
午後になってようやくパソコンが到着。
デスクトップがいいかラップトップがいいかと訊かれ、うちにラップトップがあるのでデスクトップがいいと応えたら、ラップトップを強く勧められてアッサリ承諾。
新品のラップトップ(ドッキングシステムつき)にキーボードとマウスをゲットしました。
ソフトはOfficeだけじゃなくてSPSSもインストールしてくれてあったのでラッキーぴかぴか(新しい)
しかもそのラップトップ、自宅に持って帰ったり学会に持って行ったり好きにしてよいそうなわーい(嬉しい顔)
早速日本語が使える環境にしちゃいました。

その後待てど暮らせど重石を動かすヘルプも電話を設置してくれる人も現われず。
セクレタリーさんに聞いてみたらみんなバケーションとか病気とかでいないとか。
どうやら明日までのお預けとなりましたバッド(下向き矢印)

となるとやっぱり手持ち無沙汰なあたし。
お昼を食べ損ねて、朝もConvocationでフルーツとちっちゃなマフィンと珈琲だけだったから、お腹減って死にそうでした。

それにしても、いったい何時まで職場にいればいいのかしら?
他の職場みたいに8:30−17:00?
他の先生たちいつの間にかみんないなくなってるんですけど・・・?

プログラムのChairの先生が残っていたので、聞いてみることにしました。

「今週は準備期間だから、後は木曜のTeachingのワークショップがあるけど、それ以外は好きにしていいわよ。」

あのう、じゃあ授業が始まったらどうすれば?

「それもみんなそれぞれ自分でパターン作ってやってるわ。私は家の方が仕事がはかどるから出てくるのは週に2日くらいよ。」

は???
ということは、授業さえやってれば後は出勤しなくてもよくて、出勤も好きな時に出社して、好きな時に退社してもいいの???
ひょえ〜〜〜exclamation&question

自分の出勤パターンまで自分で作るのね・・・
あぅふらふら
人気ブログランキングへ
この記事へのコメント
お引越し終了おめでとうございます。私も1度全てのものを処分して、海を越えて他の州に引っ越したことがありますが、大変でしたよ。最初なんかホテル暮らしでしたし。でも仕事を始めると馴染むのが早くなりますよね。新しい仕事場でのお話のアップを楽しみにしてます。
Posted by rascaloosa at 2005年08月24日 11:03
初出勤おめでとうございます。いいなあ羨ましすぎます。私も新しい仕事場でのお話しを楽しみにしています。
Posted by bun at 2005年08月24日 15:18
お引越し+初出勤、お疲れ様です。オフィスのセットアップなど、大変そうですね。うちの学科にも、三週間前にきたばかりの先生がいらっしゃるのですが、「まだ、荷物片付いていないよ〜」と大変明るくおっしゃっていました。
出勤時間……そういえば、教授たちの出勤時間って日によってまちまちなような……。私のアドバイザーは、一週間のスケジュールをオフィスのドアに貼っていてくれるので助かりますが。
Posted by 院生A at 2005年08月26日 13:04
初出勤おつかれさまで〜す。
緊張の様子が伝わってきてワクワク(?)します。

オフィスアワーとかってどうなっているのか?などなど、楽しみにしてますです。
Posted by フラスコ at 2005年08月29日 00:04
初出勤、おめでとうございます&お疲れ様でした。

今後は博士論文に、教授職にとお忙しくなると思いますが、かげながら応援しています。私は論文から遠ざかって早4ヶ月。研究の結果すら忘れてしまいました。こんなことで今年中に博士号が取得できるのか心配です。。。

とにかく、お互い目標に向かって、がんばりましょう!!

追伸:ELさんに影響を受けてHPをはじめました。お暇があるときでかまいませんので(って、しばらくはないですね!!)、遊びに来てやってください。
Posted by トラ猫 at 2005年08月30日 11:35
>rascaloosaさん
ホテル代出し惜しみしたばっかりに、最初の日は床で寝ました(^_^;)
生活のペースがつかめたら、また新しい職場の話どんどん書きま〜す!

>bunさん
本人はいろんな面でかなりアジャストメントに苦労していて(また熱出したし)、羨ましがられるようなことなんてあるのかしら?ってな気分なんですが(;^_^A

>院生Aさん
明るくそういえればいいんですが、せっかくの新居でダンボールの山を見るとため息が出ます・・・
オフィスのドアにスケジュールってのも手ですね。でも、肝心の一週間のスケジュールってのがあるようなないような・・・

>フラスコさん
あたしの代わりにワクワクしてくださってありがとうございます(笑)新しい職場の裏話、これからまたどんどん書いていきます。お楽しみに!

>トラ猫さん
ブログ始められたんですね!近いうちに覗かせてもらいます。


Posted by EL at 2005年09月02日 01:07
すいません、突然こんなところにコメントします。私の場合はこうでした。

プログラムのセクレタリーさんに鍵をもらって前の住人が立ち退いたばかりのそのオフィスを開けてみると、部屋の中はなにもなし(^^;;;

「あるはずのあの巨大な机、キャビネット、椅子、その他もろもろどこったんじゃ〜!」

とまぁ、ELの状況がうらやましく感じる次第ですぅ〜
Posted by ぼん at 2006年02月24日 21:51
ぼんさん、あのう、そこまで詳しくは書かなかったんですが、あたしの状況も全く同じでした。そこにあるはずのモノ(椅子とかキャビネットとか本棚とか)がなかったんです・・・
Posted by EL at 2006年02月26日 04:17
すいません、なんか私のコメントの日本語めちゃくちゃですね。「ELさん」とタイプしたはずが、呼び捨てになってますし(^^;;
Posted by ぼん at 2006年02月26日 07:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

アメリカプロフェッサー生活の始まり
Excerpt: このブログ,「アメリカ運動生理研究生活」というタイトルだったが,今月からは研究ばかりしていられない立場になったので,「アメリカプロフェッサー生活」というタイトルに変えることにした.名前負けしてしまいそ..
Weblog: アメリカプロフェッサー生活
Tracked: 2006-08-11 19:36
 
Web phd.seesaa.net
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。