2006年01月29日

授業初日のドタバタ

物事がスムーズに進まないのがあたしの人生。
このたびは今セメスターの授業初日のことです。

ことの始まりは先週の中ごろ。
学生たちの授業登録がそろそろ落ち着いた頃だろうと思って、教員用のサイトからあたしの担当クラスの登録状況を覗いてみたんです。
今学期は一つの科目を2セクション担当するんですが、どっちのセクションも満員御礼手(パー)
いや、それどころか定員が20人のところ一つは25人、もう一つは24人登録してるんです。
しかも、その24人の方から二人ほど仕事のスケジュールの関係でどうしてももう一つのセクションに移動したいって言ってきてるから、そうなるとそっちのセクションは27人exclamation

これは由々しき事態。

そもそも、定員が設定してあってそれ以上は登録できないことになってるハズなのにどーしてこんなことに?!
と思ったら、学生担当の事務の人がoverrideしてるとのこと(-_-)
そもそもあの教室に27人も入るんかい犬

学部のクラスなら100人なんてのも珍しくないし、そういうクラスを教えたこともありますが、大学院のクラスでこの人数は多すぎ。
豪雪地帯の修士プログラムも砂漠の博士プログラムも毎年10人以下しか学生を取らないから、クラスも普段は10人以下、多い時で17−8人だったんです。
それに比べて勤務先のプログラムは院生の数がとんでもなく多いんですが、一クラス20人以上になることはないよ、ってことで宣伝してるみたいだし、これじゃ公約違反ぢゃないですか?
しかも、講義ばっかりの授業ならともかく、あたしの担当する科目はhands-on系でactivityが多いんですよぅ。

というわけで、同僚の先生に相談。
27人と言ったら「そりゃ多すぎる」と。とりあえず誰か他に教えてくれる人のめぼしをつけて、それでプログラム・ディレクターに掛け合ってごらん、とのアドバイス。
でもこの科目、もともとみんな教えるのを嫌がる科目で、前に雇ったadjunct instructor(非常勤講師)は院生たちからブーイングが続出したからもう雇えない、というのを聞いていたので難航必至。
先セメスターにあたしと同じ科目を教えていた非常勤の先生が、今セメスターも授業を持ちたそうにしていたのでとりあえず訊いてみることにしました。
さっそく電話をしたら、明日まで考えさせて欲しい、との返事。

一縷の望みができたのでこの時点でディレクターに、もし誰か教えてくれる人が見つかったらセクション増やすことができるか訊いてみました。
するとディレクターも27人と訊いて「それは多い!何でそんなことに?!」とちょっと憤慨気味。
「サイアクの場合でも“優秀な”TAつけるから」と言ってくれて、少し安心しました。

結局アテにしていた非常勤の先生から最終的にNOの返事が来たのが金曜日。
事務の人がそこから別の非常勤の先生に当たってくれましたが、スケジュールが合わなくて難航。
週明けに事務の人たちみんなで相談してその非常勤の先生のスケジュールに合うように授業時間帯の調整をすることができるか、“優秀な”TAになりそうな院生が見つかるか、というところで再協議してくれることになりました。

いや、でも、週明けって授業の初日で、それに、あの、もう一つセクションができるかあたしが全部やることになるのかでシラバスの内容が変わってくるんですけど・・・ふらふら

もう一つセクションができるなら、それを担当する先生と歩調をあわせないと、あっちとこっちのセクションで内容や課題の量が違いすぎると学生から不満が出るし。
あたしってば他人のシラバスでそのまんま授業できる人じゃないみたいで、過去のシラバスとかなり違う内容で構想立ててるし。
学生数が27人かその半分かでグループ発表なんかのスケジュールも違ってくるし。

どうしたものかと迷いながら影響ないところからシラバス作り初めて、ハッと気がついたら授業初日の午前4時。

もちろんシラバスは未完成。

さてどうなるあたしのドタバタ人生!(引っ張りますあせあせ(飛び散る汗)
人気ブログランキングへ
この記事へのコメント
私の状況。

2週間前から始まった院生向け授業が2つ。今週からは学部生の授業が始まります(^^;; ただでさえ授業の準備等に追われるのに…

この時期は、6月頃にあるカンファレンスの締め切りが目白押し(^^;;

某ジャーナルのスペシャルイシュー、そして某大学へ5000ワードの研究サマリー提出の締め切りもある(^^; 

修士論文(9月提出)の指導も開始… 最終的には5人ぐらい、私の担当になりそう(^^;;

よって学生さんの訪問を受けること多し。

とまぁ、少しはなぐさめになったでしょうか(^^;;
Posted by ぼん at 2006年01月30日 18:52
1日5分、31日で0から資産を作る。
海外生活をしている人だけの特権。
If you are interested in it, I will help you out.
http://blog.livedoor.jp/japanese2006/
Posted by Satoshi at 2006年01月31日 02:09
>ぼんさん
すっごいなぐさめになりました。お互い、死なない程度に頑張りましょうね(>_<)
Posted by EL at 2006年02月03日 14:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/12488722

この記事へのトラックバック
 
Web phd.seesaa.net
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。