2006年01月13日

心の支え

かなり前から覗かせていただいているパンパでガウチョというブログで紹介されていた、全国一斉!日本語テストというのをやってみました。

結果は、


Test result.JPG

一応、(かろうじて)平均以上みたいなんです。

でもあたし、実は、これでも、


中学校1級&高校2級の国語の教員免許持ってるんですあせあせ(飛び散る汗)

な、なさけない・・・


英語はできなくても日本語はできるもんっ手(グー) てのが唯一の心の支えでしたが、その日本語すらこの程度だなんてもうやだ〜(悲しい顔)

人気ブログランキングへ
posted by EL at 22:44 | Comment(11) | TrackBack(2) | ちょっとひとやすみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めまして!ナナシと言います。
どんまぃです;;なんというか・・・ま、気にしない方がぃぃですね・・・(フォローになっとらん;;)
でわ!また覗きに来ます!!
Posted by ナナシ at 2006年01月14日 15:58
こんにちは。

授業のときに丁寧に調べてきちんと教えられればいいんではないでしょうか?ELさんがいい先生になられるのは間違いありません・・・


・・・と最初は慰めようと思ったのですが、よく考えたらそもそもこの点数を、衆人環視のブログに平気でアップしているということ自体、心の底では全く気にしていない証拠(笑)だということに思い至り、バカバカしくなってきました(笑)。

私?あ、ちなみに私は100点でした。俺ってばマジになりすぎ(イヤな奴(笑))。

Posted by bun at 2006年01月14日 17:27
初めまして、hanakoと申します。私もテストやってみて62点でした。私、実は日本語教師ですよー。こんな日本語力でお給料もらっていていいのでしょうかぁ。なさけなかったです。
Posted by hanako at 2006年01月16日 00:01
>ナナシさん
はじめまして。フォローしようというその気持ちだけありがたくいただいておきます(;_;)

>bunさん
あったり〜☆ 全く気にしてないわけではありませんが、あんまり気にしてません(笑)何てったって凡人ですから、こんなもんでしょ。それに、テキトーにやったし(←最後に負け惜しみ)
しかし、あのテストで100点ってすごくないですか!尊敬の眼差し(@_@)

>hanakoさん
う、うれしー♪ 日本語教師の方でも62点だなんて、あたしの日本語もまだ捨てたモンじゃないってことですね!(←強引)いや、きっとあのテストがヘンなんですよ(←reframing?)そうだ、そうに違いない。だからお給料遠慮なくもらってください!
Posted by EL at 2006年01月16日 09:55
再度コメント失礼します。
今、その国語テストを受けたところ、なんと結果が・・・53点でした;;
・・・日本語勉強します・・・。
Posted by ナナシ at 2006年01月16日 16:47
こんにちは、はじめまして。
日本語テスト、怖くて受けることもできません。
最近、日本語が出てこなくて困ってしまいます。
かといって英語がちゃんとしゃべれるわけでもなく・・・

ところで、イバラの道をちょっとずつですが読んでいます。僕もつい最近まで就職までの過程を少しずつ書いていたのですが、思うところあって公開をやめたところです。僕の場合は応募50+、面接6、オファー4、でした。

Posted by びい at 2006年01月17日 03:22
>ナナシさん
すっごいフォローありがとうございます!(笑)日本語って難しいんですよね・・・ごにょごにょ(←今度はあたしがフォローに困っているらしい)

>びいさん
いらっしゃいませ♪
応募50+って、ぎょえ〜!!!
アメリカ中のあたしの専門分野のある大学を集めてもそんなに数ないです。その中で教員募集のある大学となると本当に数少なくて。
応募のカバーレター書いたり必要書類揃えて送ったりという作業って時間かかって面倒だと思ったんですが、それを50以上も!? それに、びいさんに推薦状を依頼された先生は、50+もの大学に推薦状送ることになるんですよね?!
Posted by EL at 2006年01月17日 06:15
やっぱり専門によっていろいろありますよね。大学+(製薬)企業+政府と合わせたら、ポジションの数はかなりになります。

カバーレターはちょこっと変えて、ほとんど使い回しでした。送った内容はどこもみんないっしょです。

大変だったのは宛名書きなどをしてくれた秘書の方・・・推薦状を書いてくれた先生方は50+回サインしたってことですね。内容はみんないっしょでしょう、きっと。
Posted by びい at 2006年01月17日 07:12
あっそーか!アカデミアだけじゃないんですね。あたしの専門は現場に出ちゃうと研究がほとんどできなくなってしまいます。それに現場での仕事をずっとしていたくなくて博士号を取りにきたので、アカデミアしか考えてませんでした。政府のポジションなんてありゃしません・・・
50+の宛名書き、確かに大変そうです(^_^;)
Posted by EL at 2006年01月17日 11:41
えぇと、僕も研究がしたかったのでアカデミアしか出しませんでしたけどね。それでもまだ今のところかなり数があります。ちょっと経済が下降気味で減りますけど。政府のポジションは日本人は無理です。企業で働くのも難しくなったみたいですし・・・
Posted by びい at 2006年01月19日 02:04
40点でした!
Posted by みやちゅう at 2006年08月28日 09:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/11685205

この記事へのトラックバック

「全国一斉!日本語テスト」に挑戦で54点とは、・・・・・
Excerpt: 全国一斉!日本語テスト ATOK.COM(期間限定 2006/2/28まで) 最近、何かと話題の日本語ブーム。 「まったくなってないね、最近の日本人は」とお嘆きの方も、 「え、その漢字、まちがっ..
Weblog: やっばり言いたい中年のひとこと日記
Tracked: 2006-01-14 23:35

ATOK日本語テスト
Excerpt: ちょっと「いまさら感」のあるネタですが。。。 かなり前に、ELさんの記事で、読んで知り、やってみようかなと思っていたら、やまじゅんさんから「挑戦状」(汗)をトラックバックで頂いていて全国一斉!日本語..
Weblog: もっと学ぼうニッポン:ブログ時代の日本語学習
Tracked: 2006-02-03 08:28
 
Web phd.seesaa.net
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。