2005年12月26日

たかがたまごっち されどたまごっち

あたしには世界一かわいい揺れるハート甥っ子と姪っ子がいます(←おばバカ)。もう二年も会ってなくて姪っ子には完全に忘れられているかわいそうなおばちゃんもうやだ〜(悲しい顔)なのに、毎年子どもたちの誕生日とクリスマスにはプレゼントを贈る甲斐甲斐しいおばちゃんです。
最初のうちはアメリカで自らの足と想像力を使って、子どもたちが喜びそうな物を仕入れて国際郵便で送ったりしてたんですが、もともと買い物嫌いのあたしにクリスマスの時期に買い物に行けというのは拷問に近いのに加えて、子どもたちにはアメリカの物って言ってもどうせそのありがたさなんてわかってもらえないので、ここ数年は子どもたちのリクエストを聞いてそれを贈ることにしています。
でも、そうするとおばちゃんがアメリカにいるということが理解できない子どもたちのこと、リクエストの品物は当然ニッポンでしか手に入らないような物ばっかり。必然的にネット通販のお世話になることになります。これはもう一石二鳥どころか三鳥くらいの勢いで、何を贈るか悩まなくてすむし、買い物に出かけなくていいし、結構ギリギリになっても間に合うし、便利な世の中でよかったあ手(チョキ)
しかし、世の中甘くはありません。子どもたちのリクエストというのが子どもたちが大きくなるにつれてニッポンの流行の最先端を行くものになってきて、ネットで探すのも容易じゃありません。
リクエストを聞くたびに、ほほうニッポンでは今こんなものが流行っているのね、と学習するあたしあせあせ(飛び散る汗)ですが、これまでのリクエストには、機関車トーマス、仮面ライダーブレイド、むしキング、ふたりはプリキュア、などなど。
そして今年のクリスマスのリクエストはなんと、

たまごっち

たまごっちって昔流行ったあのたまごっち?
でも、子どもたちのママが言うには入手困難だとか・・・たまごっちが入手困難???

早速ネットで調べてみたら、なるほど随分カラフルでハイテクなたまごっちが登場してるんですねェ。しかも、ネットの販売店のどこを見ても完売で次回入荷未定ばっか。
もっと調べるとオークションとかで売ってるのを発見。でも何処を見ても値段がびっくりするような額。たかがあのちっちゃなたまごっちでしょ?初代のたまごっちを昔持ってた(と思う)けど、2−3回育てて飽きちゃったよ。そのたまごっちが何で10,000円以上もするのexclamation&question
一体定価はいくらなんだろうと調べてみたら税込みで3,000円ほど。
ぎょえ〜、(たかが)たまごっちにプレミアがついてるのおおおおおexclamation&questionexclamation&questionexclamation&question

その後も思いつくところ全てネットで回ってみましたが、定価で売ってるところなんてありゃしません。
いくらおばちゃん株を上げたいからといっても、(たかが)たまごっちに萬は出せませんって。しかも甥っ子と姪っ子が二人ともほしいってんだから、二つ必要なんです。
諦めかけたところで“定価でたまごっちを買いたい人を応援”するというブログ「らぶ!たまごっち」を発見。定価の2倍、3倍の値段をつけても売れるのに定価で売ろうって良心的なお店って探せばあるんですねえ。でも、どこも完売御礼ばっかし・・・ふらふら
ただし、そこで仕入れたトイザらスの抽選販売の情報で、新作の申し込みはバッチリ済ませました。一人一個しか申し込めないので友だちに頼んでもう一つ申し込んでもらいました。これで二つとも当たれば世の中丸く治まって(=子どもたちが取り合いの喧嘩をしなくてすむので)万々歳。おばちゃん株急上昇間違いなしっぴかぴか(新しい)

で、さっき(日本時間の26日夜)、いつになく夜更かしをしていて、何の気なしにその応援ブログを覗いて定価で販売しているお店のリストの中でちょこちょこと突発的に入荷している様子のあるショップ(コメント書き込みの情報によれば)「きゃらんど」を覗いてみたら、いつも完売御礼!となっているたまごっちたちの中に「カートに入れる」のボタンが出てるのがexclamation×2

こ、こ、こ、これって今なら買えるってこと?と半信半疑でカートに入れてみたらちゃんと入るぢゃありませんか!
いや、でも、抽選の申し込みもうしちゃったし、でもこんなチャンスは二度とないかも、でも、でも・・・としばしうろたえた後、ドキドキしながら購入手続き完了。
ここも一人一個だけしかダメなので、子どもたちのママに連絡してもう一つゲットするように指示しました。
ママがちゃんとゲットしたかどうかは不明ですが、これでおばちゃんの任務は果たせました。ほっ。いい気分(温泉)
(ちなみに、そのたまごっちたちはすぐに再び完売御礼!になりました。)

これで抽選申し込み分が二つとも当たったらたまごっちだらけになってしまいますが、それはまたその時考えます。


てゆーか、あたし今こんなことしてる場合ぢゃないんですってばもうやだ〜(悲しい顔)
人気ブログランキングへ
posted by EL at 05:12 | Comment(3) | TrackBack(1) | ちょっとひとやすみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Well done, auntie!

おばさんはついつい「おーばーさんプリング(
(oversampling)」しがちなんですね、なんちゃって。
Posted by bun at 2005年12月27日 07:05
よかったですねー、たまごっちゲットできて!
すごい、奇跡ですよ!なかなか手にはいらないとは聞いてましたが・・。道行く女子達は、皆首からたまごっちぶらさげてますね。そうかー・・、子供のプレゼントってのも、結構大変ですね。
Posted by manekineko at 2005年12月27日 13:58
>bunさん
山田くぅ〜ん、bunさんの座布団一枚持ってって〜!(笑)

>manekinekoさん
はい、奇跡でした。そうなんですか、ニッポンでは女子たちがクビからぶらさげてるんですか(@_@)
Posted by EL at 2005年12月28日 03:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/11064156

この記事へのトラックバック

海外での手術体験4
Excerpt: 「フロリダでこたろ」においでいただきありがとうございます。 世界中での勉強体験⇒人気blogランキング とうとう手術の日。 車に乗っけてもらいまた別の手術する指定された場所へ..
Weblog: フロリダでこたろ
Tracked: 2005-12-29 13:36
 
Web phd.seesaa.net
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。