2005年05月31日

Closure

職場で受付の人に「どっかの大学から手紙が来てたわよ、さっきあなたのメールボックスに入れといたから」と言われて、メールボックスを見てみたら、そこにはずっと長い間待ち焦がれていた(?)手紙メールがありました。
二ヶ月前に面接に行った大学からの手紙でした。

続きを読む
人気ブログランキングへ

2005年05月27日

晴天の霹靂

実はあたしの面接と前後して、友人が某州立大学院の教員採用の面接に呼ばれて、"かなりいい感触"で帰ってきました。
「ベストを尽くしたし、あまり期待しないようにしてるけど、この職が欲しい!」と興奮した声で言っていたその友人。
条件としてはもうこれ以上のいい条件の大学はないんじゃないかというようなおいしい話がわんさかで、その話をきいてかなりうらやましかったくらいです。
本人とのその大学との相性もバッチリで、リサーチのMentorになってもらえそうなシニアの先生ともめぐり合えたみたいでした。

その友人というのが、まだ20代で若いんだけど、精神的にはとても大人で、研究者としても教育者としてもこの専門の仕事人としても一流であたしはとても尊敬しています。
大学の学部が英文学だったというだけあって、文章を書かせるとこれまた超一流。
もう魔法みたいにあれよあれよと論文ができてしまいます。
ペーパー&論文類はほとんどこのコに添削してもらってました。

そんなわけで、今年度の就職戦線でこの友人と一緒にマーケットに出ることになって、"このコには敵わない"っていう思いがあったので、この友人が応募する大学は無意識に避けていました。
というか、他の知り合いたちは所かまわず片っ端から応募していたので避けようがなかったのですが、この友人は旦那さんの仕事の関係で、あたしは自分の研究内容の関係で、結構大学を選んで応募したので運良く(?)重ならずに済みました。
でもおかげでこんな時期まで職にありつけずにいるあたしたち二人たらーっ(汗)

その友人から電話電話がありました。

続きを読む
人気ブログランキングへ

2005年05月24日

面接翌日〜恋に落ちて編〜

面接の翌朝、昨日早起きしたのは緊張のせいかと思ったら、やっぱりこの朝も5時半に目が覚めて、時差のせいだということを改めて確認もうやだ〜(悲しい顔)
今の院のプログラムの卒業生でその地に住む人が朝8時にホテルに迎えに来てくれて、一緒にブレックファーストへ。
どこに連れて行かれたのか場所はわからないけど、何だかかわいいレストランに。
子どもを学校に送っていったダンナさん(同じく卒業生)も合流できるということで、この夫婦と3年以上ぶりの感動の(?)再会はお互いに"変わってないね〜"と言い合いました(笑)
その夫婦もこの街の大学で教職についているのでブレックファーストをしながらいろんな話をして、1時間くらいでレストランを出て、あたしの飛行機の時間まではまだ時間があったので、その夫婦の案内でダウンタウンの観光。

もう、惚れました、この街にハートたち(複数ハート)
完全に恋に落ちました・・・

はぁ〜ぴかぴか(新しい)(←恋する乙女?のため息)

人気ブログランキングへ

2005年05月23日

面接当日〜リターンマッチ編〜

朝9時半から10時までの間に昨日の中国人の先生がホテルに迎えにきてくれるというので、朝はちょっとゆっくりできるかなと思ったら時差の関係で朝5時半に目が覚めてしまいましたもうやだ〜(悲しい顔)
ホテルのコンプリメンタリーの朝食をゆっくり食べて準備をして待っていたら、結局お迎えは10時前に到着。
車はぴんくのトラックではなくてキレイなバンでした(笑)
午前中は11時に面接が一件入ってるだけなので、まだ時間があるからとまたまたその中国人の先生はツアーガイド兼不動産ガイド(?)に変身。
大学の近くの住宅地を回ってくれて、どこらへんが"リーズナブル"とか"高級住宅街"とかを教えてもらいました。

ちなみに採用面接の行程に"不動産ツアー"が組み込まれてるのはよくあることで、その候補者が採用されて引っ越してくるという前提で家を見て回ったりするんですが、この場合は家の希望条件によって不動産屋さんが何件か回って見せてくれます。

続きを読む
人気ブログランキングへ

2005年05月22日

面接前日〜感動のさばしお編〜

ぴんくのトラックで迎えに来てくれた中国人の先生は、まだ日が高いからとディナー前にちょっとドライブに連れて行ってくれました。
観光は諦めてたのに、何てらっきーなのかしらるんるん

そしてつれて行ってもらったのはそのあたりで有名な海岸。
日本から持ってきた「地球の歩き方」で見て、このあたりに是非行ってみたいと思ってたのっ\(^o^)/
海岸に着くまでにはオーシャンビューの高層コンドミニアムやお洒落な街並み。
先生によるとそのあたりはかなりの高級住宅街だそうです。
そこでこの中国人の先生がポツリと一言、

続きを読む
人気ブログランキングへ

2005年05月21日

面接前日〜ぴんくのトラック編〜

たっのしかった〜ぴかぴか(新しい)
え、何がって? 面接が、です。

いや、面接そのものはもちろんタイヘンで疲れたんだけど、今回はそれ以外に楽しかった要素がいっぱいでした。

初めて訪れる土地だったのですが、まずは着陸前に飛行機の窓から見えた海足船黒ハート
飛行機はいつも通路側に座るんですが、この時ばかりは窓際にしとけばよかったと大後悔。
そして降り立った空港のキレイさに感動。
空港からホテルまではホテルのシャトルサービスを使うように言われてたので、街中をホテルのバンに乗って運ばれてる間、すっかりおのぼりさんで子どもみたいにわくわく&きょろきょろしてました(^_^;)
そしてホテルにチェックインしてみたら、最上階のキングサイズベッドのあるひろ〜いお部屋。バスルームも広くてキレイだし。
前回の面接で大学側がとってくれたホテルは何だか狭くて暗くておまけにバスルームはヨーロッパ式(?)で天井から水が落ちてくるシャワーしかなかったけど、今回のホテルはちゃんとバスタブもあっておまけにシャワーがマッサージシャワーでした♪
そうそう、ホテルのことをついでに言っておけば、コンプリメンタリー(無料サービス)の朝食喫茶店がかなり豪華で大満足でした。

で、予定だとホテルにチェックインした後この地に住む知り合いの人がディナー&ミニ観光に連れて行ってくれるはずだったのですが、前日に大学側の先生から連絡があって、その先生がディナーに連れて行ってくれるということ。
これは(面接の一部みたいなもんだから)断れないので急遽知り合いの人との約束を面接の次の日、最終日のブレックファーストに変更してもらって観光は諦めました(しょぼんバッド(下向き矢印)
そのときは、このディナーが今回の訪問のトーンを設定する重要なディナーになるとは思ってもみませんでした。

続きを読む
人気ブログランキングへ

2005年05月16日

貴重なアドバイス

涙の推薦状」を書いてもらった学部長のK先生から、面接に行く前に電話をするようにと言われていたので、電話携帯電話をしました。

K先生は今回あたしが面接に行く大学にはかなり詳しいとのことで、色んな情報をもらいました。
私立の大学なので学生からの授業料を中心に大学が成り立っているというのは、前に面接に行った州立の大学との大きな違い。

それから力強い励ましも。
「あの大学にあなたはとてもよく合うと私は思うわ。」
「ただし、あなたがその土地に住みたいというだけじゃなくて、その"大学"に勤めたいかどうかっていうことは向こうも気にしてると思うし、大事なことよ。」
なるほど〜メモ
じゃどうしてその"大学"がいいのかってことをもっと考えておかなきゃ。
そしてK先生からの貴重なアドバイス。

続きを読む
人気ブログランキングへ

2005年05月15日

佳境に入ってまいりました!

博士論文研究も職探しもいよいよ佳境に入ってまいりました。
それに加えて職場でもリサーチ・プロジェクトがいろいろ動き始めて、パニック寸前ストレス急上昇中グッド(上向き矢印)です。

でも、今回は面接を目の前にしても全然緊張してきません。
緊張どころかずっと行ってみたいと思っていたところにタダで旅行(?)に行けるので、たっのしっみ〜手(チョキ)です。
準備もこの前の面接のJob Talkで使ったプレゼンをほとんど使いまわしできるし、服とかカバンとか身の回りのモノも全部そろってるし、新たに準備すること&物はほとんどありません。
リラックスリラックス。
開き直りの境地、とも言うかたらーっ(汗)

続きを読む
人気ブログランキングへ

2005年05月10日

バケーションもどき

kamome.JPG

先週は学会出張で留守にしていました。
初めて参加する学会だったのですが、アジア人の研究者が集まる学会で、発表者も参加者も所謂"正しい"英語を喋る人なんていなくて、発音も文法もめちゃくちゃでそれでも堂々と発表したり質問したり、とっても勇気づけられる学会でしたあせあせ(飛び散る汗)
英語なんて通じればいいのよっ手(チョキ)

この学会に参加するのに渡航費とか宿泊費とか参加費とか相当な出費になるので頭を抱えていたら、学会参加費はあたしは学生だからということで学会側が"Scholarship"を出してくれて免除になったし、その他の旅費はうちの職場の大ボスの鶴の一声で職場から出してもらえることになりました。
ありがたや、ありがたや。

でも、せっかく久しぶりにココ砂漠を離れることができたので、ちょこっと観光なんぞもしてみました。
その地に住む友達に久しぶりに会ったり、何年かぶりに海を見てカモメとたわむれてみたり、アミューズメントパークに行って童心に返ってみたり、とあるイタリアン・レストランでデザートに頼んだティラミスの巨大さに唖然&爆笑してみたり。
久しぶりのちょっとしたバケーションもどきになりましたいい気分(温泉)

続きを読む
人気ブログランキングへ
posted by EL at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | ちょっとひとやすみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月02日

やっぱりおまけ?

あたしの人生ってなんでいつもこうなのかしら・・・


秋の新学期からの就職を全て諦めて、自分の失敗が次の一歩への力にやっと変わった先週、仕事場に留守電が入りました。


「A大学◇◇プログラムの△△です。当方のプログラムで元々募集してたポジションは既に採用が決まりましたが、全く同じ条件でポジションをもう一つ設けることになりました。就職活動の時期としてはかなり遅いのですが、まだ当方のポジションに興味がおありでしたらご連絡ください。」

?????????????????・・・・・

続きを読む
人気ブログランキングへ
 
Web phd.seesaa.net
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。